痔の主なタイプは、大きく分けて3つになります。

いぼ痔(痔核)

直腸や肛門の血行が悪くなったために、
血管の一部がコブのように盛り上がってくる痔です。
直腸側に出来るものが内痔核(イラスト内の上部)、
肛門に出来るものが外痔核(イラスト内の下部)
個人差がありますが、排便の際に、出血と痛みを伴います。
外痔核は、指で触ると硬いしこり状になっていて、
排便時にひどい痛みを感じる事が多いです。

一方、内痔核は、ほとんど痛みはありません。
しかし症状が進んでくると、
いぼが肛門の方に飛び出して
‘脱肛’と言われる症状になります。

切れ痔(裂肛)

便秘が続いた後の排便などで、
硬かったり、ちょっと大きい塊を排便した際に、
肛門が伸びるのが限界を超えてしまい、
肛門周辺の皮膚が裂けてしまった状態です。
男性よりも女性の方が便秘になりやすい関係で、
女性に切れ痔の患者さんが多いそうです。
切れ痔の症状は、排便時の強い痛みと出血で、
排便のたびに肛門が切れるのを繰り返していると、
傷がだんだん深くなって慢性化し、
潰瘍となり炎症がおきます。
炎症が肛門内部の括約筋にまで及んでしまうと、
括約筋が硬く緊張した状態になり、
排便の際に広がらなくなってしまい(肛門狭窄)
便が出にくくなったり、細い便しか出なくなってしまいます。
そうなると排便時だけではなく、
排便後もずっと痛みが続くようになってしまいます。

痔ろう(あな痔)

こちらは、どちらかというと男性に多い痔です。
肛門の奥の方にある窪みに、大便の中の細菌が侵入し、
化膿していく症状で、肛門周辺が腫れて、
発熱(38~39℃)したり、大変な激痛を伴うそうです。
ストレスなどで免疫力が弱っている所に
下痢が続いたりして、その便から
細菌が肛門内に入るのが原因と言われていますが、
誰にでも発症する可能性があり、
放っておくとガンに至る恐れもある痔です。
膿が溜まって来ると、肛門周辺にだんだん穴が開いて、
そこから溜まった膿が出てきて、
膿のために下着を汚してしまったりします。

スポンサーリンク